鍵屋でスペアキーを作る前にできる鍵紛失防止策

鍵穴自体を交換した方が良いケース

鍵本体を作成しなおす方が良い場合

早く解決しようとした結果・・・ (20代/会社員/男性)

昔働いていたレストランの鍵を紛失してしまった時はかなり焦りました。とりあえずスペアキーの作成を依頼。しかし、「鍵と同時に店舗の住所が確認できる情報も落としていれば誰かに侵入されてしまう恐れもある」とオーナーに叱られ、結局店舗の鍵を全て取り替えることになりました。

夜寝ているときに侵入者が!(20代/学生/女性)

夜アパートで寝ているときに、知らない男性が突然家に入り込んできました。すぐに警察に電話して駆け付けてもらいました。警察の話によると侵入してきた男性は数年前までこちらに住んでいた方で、ここに来る前にお酒を飲んで酔っぱらってしまい、間違えて前に住んでいた家に来てしまったということでした。管理会社が入退去の際に鍵交換を行なっていないこともこの時に判明。すぐに新しい鍵に取り換えてもらいました。

このように、スペアキーではなく鍵穴そのものを替えた方が良いこともあります。鍵穴自体を替える場合は、より防犯性の高い鍵に取り替えることができるので、気になるときは鍵屋に相談して取り換えを依頼すると安心です。

鍵を失くさないように対策をしましょう

鍵を失くしやすいと気にしている人は以外に多い

鍵

毎回鍵を無くしていると、そのたびに鍵屋を呼ぶことになるためかなりの出費をすることになります。鍵の紛失を防ぐための工夫としては、日頃から鍵の保管場所を決めておくなどの管理を徹底することです。カバンに入れる際も内ポケットに入れることを決めておくなどです。置き場所を決めておくだけで98パーセントの人が鍵紛失を防げたというデータが出ています。人間が習慣化させるためには21日を要すると言われているので、なるべく普段から意識することが大事です。

簡単に鍵の場所を探せる便利なアイテム

最近ではコインタイプのGPS装置を、失くしたら困る大事なものにシールで貼り携帯のアプリで場所を特定できるというものがあります。他にも一見携帯ケースに見える小型ケースに、カードや紙幣と一緒に鍵を収納できるというアイテムもあります。鍵を紛失しやすいという人はこういったアイテムを活用してみるのも良いかもしれません。

TOPボタン